ニュース
» 2015年08月04日 08時06分 UPDATE

Macのファームウェアに感染するマルウェア出現も? 研究発表へ

Black Hatで研究発表され、「Macファームウェアマルウェアに何ができるかを示すことで、暗黒面のパワーを実証する」と研究者は予告している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 ファームウェアの研究をしているセキュリティ研究者が、ファームウェアに潜んでMacからMacへと感染できるマルウェアのコンセプト実証に成功したとして、米ラスベガスで開かれるセキュリティカンファレンス「Black Hat」で発表を予定している。

 この研究は、セキュリティ企業LegbaCoreのゼノ・コバ氏らが、「Thunderstrike 2:シスの攻撃」というタイトルで8月6日に発表する。

bhmcfw01.jpg Black Hatに掲載された講演の予告

 Black HatのWebサイトに掲載された講演要旨の中でコバ氏のチームは、「Wintel PCに影響するファームウェアの脆弱性は多数発見されている一方で、Macファームウェアに対する攻撃の場合、何度かデモは公開されているものの、成功させるためには全て物理的プレゼンスが必要だった」と指摘。Appleも一貫して、Macはこうしたファームウェア攻撃の影響は受けないと強調していたという。

 しかし今回のデモでは、「PCに影響するソフトウェアオンリーのファームウェア攻撃の多くが、Macに対しても通用するという事実を証明する」予定だといい、「Macファームウェアマルウェアに何ができるかを示すことで、暗黒面のパワーを実証する」と予告している。

mcsec01.jpg Macのセキュリティに関する説明(アップルサイトより)

変更履歴……記事タイトルを変更いたしました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -