ニュース
» 2015年08月14日 07時05分 UPDATE

iOSやOS Xのアップデート公開、Appleが相当数の脆弱性を解決

iOSとOS X、Safari、OS X Serverの更新版では多数の脆弱性も修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは8月13日に公開したiOSとOS X、Safari、OS X Serverの更新版で、それぞれ多数の脆弱性を修正したことを明らかにした。

aplesec001.jpg セキュリティアップデートが公開された製品一覧

 Appleのセキュリティ情報によると、iOS更新版の「iOS 8.4.1」では任意のコード実行に使われる恐れのある深刻な脆弱性を多数修正したほか、コード署名に関する脆弱性、情報流出やサービス妨害(DoS)の脆弱性など相当数の脆弱性に対処した。

 iOS 8.4.1はiPhone 4s以降とiPod touch(第5世代)以降、iPad 2以降に対応する。Apple Musicの不具合修正なども盛り込まれている。

aplesec002.jpg iOS 8.4.1では多数の脆弱性が修正された

 OS Xの更新版は、OS X 10.10〜10.10.4(Yosemite)を対象とする「OS X Yosemite 10.10.5」と、OS X 10.8.5(Mountain Lion)および10.9.5(Mavericks)を対象とする「セキュリティアップデート2015-006」が公開され、こちらも相当数の脆弱性が修正された。Yosemite 10.10.5には、Webブラウザ更新版の「Safari 8.0.8」も含まれている。

 それとは別に、「Safari 7.1.8」「同6.2.8」もMavericksとMountain Lion向けにリリースされた。

 また、OS X Serverの更新版となる「OS X Server v4.1.5」ではBINDに存在するDoSの脆弱性1件が修正されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ