ニュース
» 2015年12月10日 07時39分 UPDATE

Xbox Live用の秘密鍵流出、Microsoftが証明書の失効で対応

どのような経緯で流出したのかは明らかにしていない。証明書を悪用された場合、通信に割り込む中間者攻撃に利用される恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]
msxbxsec02.jpg Xbox Liveの紹介ページ

 米MicrosoftのXboxゲームサイト「Xbox Live」用の証明書の秘密鍵が手違いで流出していたことが分かった。通信に割り込む中間者攻撃に利用される恐れがあり、同社は12月8日、問題の証明書を失効させる措置を取ったことを明らかにした。

 流出したのは「.xboxlive.com」用のSSL/TLS証明書の秘密鍵。どのような経緯で流出したのかは不明だが、他の証明書の発行やドメイン偽装、コード署名には利用できないとしている。現時点で攻撃の発生は確認されていないという。

 この問題はWindowsの全バージョンが影響を受ける。Microsoftは悪用を防ぐために問題の証明書を失効させ、証明書信頼リスト(CTL)の更新版をサポート対象の全Windows向けに配信した。

msxbxsec01.jpg 秘密鍵の流出を明らかにしたMicrosoft

 この更新プログラムはWindows 8以降のWindowsと、Windows Phone 8/8.1およびWindows 10 Mobile向けには自動的に配信される。Windows Vistaや7でも自動更新を有効にしていればユーザー側の操作は不要だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ