レビュー
» 2015年12月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:17業種、631人のCxOが語る 今後5年以内で自社に重大な影響を与えるもの

「お客さまの持つスマホを通じ、インタラクティブに顧客情報を取り込んでいきたい」「人や技術がグローバリゼーションに対応できるかが課題」──国内600人を超える経営層が今後の経営に影響を与えるものとして語る、デジタル化とグローバル化という2つのキーワードに迫る。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 世界の主要企業トップや公的機関のリーダーが抱える経営課題について、IBMのコンサルタントが経営層にインタビューを行った内容をまとめたレポート。今回、日本においては17業種、631人のCxOの方々にインタビューを行った。

 「今後3〜5年間で自社に大きな影響を与えると考えられるもの」として、CEOが特に選んだのが「テクノロジー」と「グローバル化」だ。企業は、顧客接点の変化にいかにテクノロジーで対応すべきなのか? どのような展望をもってグローバル市場へ適応することが求められているのか?

 事例の紹介も交えながら、今後日本企業がとるべき戦略について論じる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ