ニュース
» 2016年01月05日 07時20分 UPDATE

Flash Playerのパッチ適用を急いで 脆弱性突く攻撃発生

12月下旬にパッチが公開された時点で攻撃の発生が確認されていた。

[鈴木聖子,ITmedia]
adfp01.jpg

 米Adobe SystemsはFlash Playerのセキュリティアップデートを12月下旬に公開し、複数の深刻な脆弱性を修正した。この時点で「限定的な標的型攻撃」の発生が確認されており、まだ更新を済ませていない場合は早急に対処する必要がある。

 Adobeの12月29日付のセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは19件の脆弱性を修正した。悪用された場合、システムを制御される恐れがあり、1件については12月下旬の時点で攻撃に利用されていたという。

 脆弱性を修正したFlash Playerの更新版は、バージョン20.0.0.267(WindowsとMac向け)、同18.0.0.324(延長サポート版)、同11.2.202.559(Linux向け)となる。AIRはAndroid版とデスクトップ版およびSDKのバージョン20.0.0.233が公開された。

adfp02.jpg 各プラットフォーム向けの最新版と入手先

 特にWindowsとMacでは危険度が高いとして、直ちにアップデートを適用するよう呼び掛けている。Google ChromeとMicrosoftのEdgeおよびWindows 8.x/10に搭載されたInternet Explorerでは、Flash Playerも自動的に最新版に更新される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -