ニュース
» 2016年01月12日 07時48分 UPDATE

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告

米国時間の1月12日にはMicrosoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe SystemsはAcrobatとReaderの脆弱性を修正する定例セキュリティアップデートを米国時間の1月12日に公開すると予告した。また、予告は行わないものの、同社は多くの場合、AcrobatとReaderの更新に併せてFlash Playerの更新版も公開している。

 Adobeの事前通知によると、今回のアップデートではWindowsとMac向けのAcrobatおよびReaderに存在する複数の深刻な脆弱性に対処する。優先度は上から2番目の「2」に指定され、現時点で攻撃の発生は確認されていないと思われる。

 米国時間の1月12日(日本時間13日)には、米Microsoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。

adacr01.jpg 影響を受けるソフトウェア

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ