ニュース
» 2016年03月29日 15時48分 UPDATE

スワイプ操作の二要素認証、IIJが法人向けにサービス化

アプリは必要だが、ワンタイムパスワードの文字を入力する手間はなくなる。

[ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は3月29日、スマートフォンなど画面をスワイプして二要素認証を行う法人向けの「IIJ SmartKeyマネージメントサービス」を開始した。アプリが必要だが、ワンタイムパスワードの文字を入力しなくて済む。

 同サービスは個人向けに無償提供しているスマートフォン向けワンタイムパスワード管理アプリ「IIJ SmartKey」をベースに、二段階認証機能をクラウドサービスで提供するもの。Webサイトアクセスでの2段階認証などに利用できる。

 万一ユーザーの端末が紛失や紛失に遭った場合は、管理者ポータルからユーザーのアカウントを無効化して第三者による不正な認証要求を拒否できる。ユーザーの通信環境が良好でない場合は、一時的にワンタイムパスワード方式に切り替えられるという。

iij001.jpg サービスイメージ

 利用メニューはアカウント単位の従量課金「エンタープライズプラン」と認証成功の回数に応じて課金される「サービスプロバイダプラン」の2種類で、エンタープライズプランは月額5000円の他に1アカウントあたり月額100円が必要。サービスプロバイダプランは個別見積りとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -