ニュース
» 2016年04月05日 07時42分 公開

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開 深刻な脆弱性が多数存在

「Mediaserver」などの脆弱性を悪用されると、メールやWeb閲覧、MMSなどを介してメディアファイルが処理された際に、リモートでコードを実行される恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは4月4日、Androidの脆弱性に関する月例セキュリティ情報を公開し、Nexus向けのセキュリティアップデートをOTA(無線経由)で配信した。パートナー各社には3月16日までに通知され、セキュリティパッチレベル2016年4月2日以降のAndroidで脆弱性を修正している。

2016年4月パッチで修正された脆弱性

 Nexusのセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは計29項目の脆弱性に対処した。このうち危険度がGoogleの4段階評価で最も高い「Critical」に分類されている8項目(15件)の脆弱性は、「Media Codec」「Mediaserver」「libstagefright」などメディア処理に関連するものが多数を占める。

 こうした脆弱性を悪用されると、メールやWeb閲覧、MMSなどを介してメディアファイルが処理された際に、リモートでコードを実行される恐れがある。現時点でユーザーを狙った攻撃の発生は確認されていないという。

 他にも「DHCPCD」「Qualcomm Performance Module」「Qualcomm RF Component」およびカーネルに存在する脆弱性が、それぞれCriticalに分類されている。

 そのうちの1件(CVE-2015-1805)はアプリケーションのroot化に利用されていたもので、この脆弱性を突いて特権を取得するアプリがGoogle Playで出回ったことから、Googleは3月18日に緊急パッチを公開して対処していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -