ニュース
» 2016年04月27日 13時31分 公開

専任者不在でも使えるDBログ管理ツール、NHN テコラスが発売

監視対象は合計8コアまでのシステムになるが、月額3万円で提供する。

[ITmedia]

 NHN テコラスは4月27日、データベース(DB)のセキュリティ管理の新製品「Aegis Wall エントリーエディション」を発売した。専任DB管理者がいない中小企業でも利用できるのが特徴という。

 Aegis Wallは、DBへのアクセス制御やログ管理、特権ユーザー管理機能を搭載する。Oracle DatebaseやDB 2など16種類のDBに対応し、エージェントをインストールした端末からDBやシステムの利用を適切に管理できるとしている。

製品構成イメージ

 新製品のエントリーエディションはログ管理に特化して、ログやセッション動画の記録、レポート、リアルタイム監視の機能を搭載。中小企業でも求められるDBの管理を支援するという。監視対象のシステムは合計8コアまで。

 製品価格はサポート込みで月額3万円。別途初期導入費用として10万円が必要。Aegis Wallシリーズでは計32コアまでを対象に全機能を利用可能なスタンダードエディションと、監視対象無制限のエンタープライズエディションをラインアップする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -