ニュース
» 2016年05月11日 07時35分 UPDATE

Flash Playerに脆弱性、悪用攻撃も Adobeがアップデートを予告

Adobeは早ければ米国時間の5月12日にもセキュリティアップデートを公開し、攻撃に悪用されている脆弱性を修正する意向だ。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは5月10日(米国時間)、Flash Playerの未解決の脆弱性を突く攻撃が発生していることを明らかにした。早ければ12日にもセキュリティアップデートを緊急公開し、この問題を修正するとしている。

 Adobeのセキュリティ情報によると、脆弱性はFlash Player 21.0.0.226までのバージョンに存在し、Windows、Mac、Linux、Chrome OSが深刻な影響を受ける。悪用された場合、クラッシュを誘発され、攻撃者にシステムを制御される恐れがある。

Flash Playerに広範な影響を伴う脆弱性が見つかった

 脆弱性はセキュリティ企業FireEyeの研究者が発見した。現在発生している攻撃の詳細は公表されていないものの、Adobeが脆弱性を修正するまでの間、ユーザーにはFlash Playerを無効にするなどの対応が求められる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -