ニュース
» 2016年06月03日 07時55分 UPDATE

「個人情報暴露するぞ」と金銭要求の脅迫メール出回る 相次ぐ流出に便乗

「あなたの情報が流出した。暴露されたくなければビットコインで要求額を支払え」と脅迫するメールが出回っているという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 大手企業やサービスで相次ぐ個人情報の流出に便乗し、流出した情報を暴露すると脅して金銭をゆすり取ろうとする脅迫メールが出回っているという。米連邦捜査局(FBI)のインターネット犯罪苦情センター(IC3)は6月1日に出した勧告で、こうした手口に注意するよう呼び掛けた。

 IC3によると、脅迫メールは英語で「最近の企業ハッキングであなたの情報が流出し、私はその情報を入手した。ユーザープロフィールを使ってあなたのソーシャルメディアアカウントも発見した。私はこれを使ってあなたの全ての友人や家族にメッセージを送信できる」などと書かれている。

脅迫メールの文面例(IC3より)

 その上で、氏名、電話番号、住所、クレジットカードの使用履歴といった個人情報を暴露されたくなければ、ビットコインで要求額を支払えと脅迫。要求額は2〜5ビットコイン(250〜1200ドル)程度だという。

 IC3では、もしこうしたメールを受け取っても、相手と連絡を取ってはいけないとアドバイスし、支払い要求に応じれば犯罪を助長することになると指摘した。また、知らない相手から届いた電子メールや添付ファイルは不用意に開いたりせず、正規のメールに見せかけて個人情報を提供させようとする手口にも注意が必要だとしている。

 ユーザーが身を守るため、以下のような対策も促している。

  • 自分のセンシティブな写真や恥ずかしい写真をインターネットや自分のモバイル端末に保存しない
  • 強度の高いパスワードを設定し、使い回しは避ける
  • ソーシャルメディアのセキュリティ設定を有効にする
  • 個人情報やクレジットカード情報などをWebサイトに入力する際は、URLが「https」で始まり、鍵のアイコンが表示されていることを確認する
主要サイトの情報漏えい状況(Have I been pwned?より)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -