ニュース
» 2016年06月07日 07時39分 UPDATE

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開

今回のアップデートでは計21項目の脆弱性に対処した。このうち6項目を危険度が最も高い「Critical」に分類している。

[鈴木聖子,ITmedia]
修正された脆弱性

 米Googleは6月6日、Androidの月例セキュリティ情報を公開し、Nexus向けのセキュリティアップデートをOTA(無線経由)で公開した。パートナー各社には5月2日までに通知済みで、2016年6月1日以降のセキュリティパッチレベルで脆弱性が修正される。

 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは計21項目の脆弱性に対処した。このうち6項目を危険度が最も高い「Critical」に分類している。

 中でも最もMediaserverやlibwebmなどの脆弱性は、メールやWebやMMS経由でメディアファイルが処理されると、リモートでコードを実行される恐れがある。更新の対象となるのはAOSP 4.4.4、5.0.2、5.1.1、6.0、6.0.1の各バージョン。

 また、NexusではQualcommのドライバに関連した深刻な脆弱性も多数修正されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ