ニュース
» 2016年09月29日 16時06分 UPDATE

富士通、SI3社を本体に吸収 1万4000人のSEを再編

富士通システムズ・イースト、富士通システムズ・ウエスト、富士通ミッションクリティカルシスの3社を富士通本体に吸収合併する。

[ITmedia]

 富士通は9月29日、グループ内のSI大手3社「富士通システムズ・イースト」「富士通システムズ・ウエスト」「富士通ミッションクリティカルシステムズ」を11月1日に吸収合併すると発表した。2017年度末までに再編する。

富士通が吸収合併するSI子会社

 吸収合併の狙いについて同社は、クラウドやAI(人工知能)、IoT(Internet of Things)を利用した「デジタルビジネスとグローバルビジネスの拡大に向けた体制強化」のためと説明。4月のデジタルサービス部門設立に続く施策として、システムインテグレーションサービスの土台作りのために3社を富士通本体に吸収する。

 対象3社のシステムエンジニアは合計で約1万4000人。吸収合併後は、AIやIoTビジネスを前線で担当する3000人規模の組織を編成し、その上で「社会インフラビジネス」「パブリックサービスビジネス」「エンタープライズビジネス」の3つの組織に大別した体制を2017年度末までに段階的に編成するという。

体制再編のイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -