ニュース
» 2016年11月16日 12時30分 UPDATE

ランサムウェアの国内検出は約4倍に、7月〜9月期動向

トレンドマイクロの観測では、ランサムウェアやオンライン銀行詐欺ツールの検出が急増している。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは11月16日、2016年7月〜9月期のセキュリティ動向を発表した。ランサムウェアやオンライン銀行詐欺ツールの国内での検出が急増したと報告している。

 ランサムウェアの検出台数は前四半期比で約4.1倍の3万4200台に上り、同社の観測史上最多だったという。ランサムウェア感染を狙うメールも全世界で同約4.5倍の8530万件が検出された。

ランサムウェア国内検出台数推移(出典:トレンドマイクロ)
ランサムウェア感染を狙った不正メールの世界の検出数(同)

 急増の背景には、ランサムウェア犯罪がアンダーグラウンド市場で有償サービスとして提供されていることがあるといい、「STAMPADO」と呼ばれるランサムウェアは39ドルで無期限利用できるなど、だれもが容易に利用できてしまう状況にある。

 オンライン銀行詐欺ツールの検出は同約4倍の3万9900台で、過去最大だった2014年4〜6月期の2万4900台を大幅に上回った。マルウェアでは「BEBLOH」(別名:URLZONE)と「URSNIF」(別名:GOZI)の2種類が検出全体の約93%を占めたという。

オンライン銀行詐欺ツールの国内検出台数(同)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ