ニュース
» 2016年11月17日 08時18分 UPDATE

「Firefox 50」公開、深刻な脆弱性に対処

最新バージョンの「Firefox 50」では計29件の脆弱性を修正した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Mozilla Foundationは11月15日、Webブラウザ「Firefox」の安定版アップデートをデスクトップ向けとAndroid向けに公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 最新バージョンの「Firefox 50」はWindows、Mac、LinuxとAndroidに対応する。Mozillaのセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは計29件の脆弱性を修正した。

 このうち「rasterize_edges_1におけるヒープバッファオーバーフローの書き込み」など3件については重要度が「最高」に区分けされ、潜在的に悪用可能なクラッシュや任意のコード実行の可能性が指摘されている。

 一部の脆弱性は延長サポート版のFirefoxにも存在し、同時にリリースされた最新版の「Firefox ESR 45.5」で修正された。

Firefoxのダウンロードサイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ