ニュース
» 2016年12月02日 08時04分 UPDATE

iCloudカレンダーの招待スパムが横行、迷惑な予定登録の被害続出

iCloudあてに招待スパムを送ってカレンダーに直接予定を登録させる手口が急増している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 AppleのiCloudカレンダーの招待機能を悪用して不特定多数の相手を招待するスパムメールを送り付ける手口がこの数週間で横行し、自分のカレンダーに迷惑な予定が登録されてしまう被害者が続出しているという。

 セキュリティ企業Malwarebytesの11月30日付ブログによると、MacやiOSにはメールで届いた予定をカレンダーに登録できる機能がある。ここ数週間は、iCloudあてに招待スパムを送ってカレンダーに直接予定を登録させる手口が急増しているという。

 TechCrunchなどの報道によると、この手口によって、自分のカレンダーにオンラインセールの宣伝など迷惑な予定が登録されてしまう被害が報告されている。

 カレンダーの招待は拒否することも可能だが、相手が招待を受けたか、受けないかは送信側に通知される。このため招待スパムでは自分のアドレスが使われていることが相手に知られてしまい、さらなるスパムメールを呼び込む恐れがある。

 対策としては、スパム専用のカレンダーを作成して招待スパムの予定をそこに登録し、その後スパムカレンダーを削除する方法などが紹介されている。

iCloudカレンダーの招待機能(Malwarebytesより)
招待の可否設定(同)

 iMoreによると、Appleはこの問題について、一部のユーザーがカレンダーの招待スパムを受診していることを認め、対応に当たっていることを明らかにした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ