ニュース
» 2017年01月08日 08時00分 公開

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:シリコンバレー見聞録 コワーキングスペースをレンタルするWeWork (1/2)

IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした刺激的かつ興味深い体験から、注目のポイントを紹介。“その3”は、ニューヨークを拠点に起業家などにオフィススペースをレンタルしているスタートアップWeWorkです。

[柴崎辰彦,ITmedia]

この記事は柴崎辰彦氏のブログ「柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」」より転載、編集しています。


 UberやAirbnbは日本でもシェアリングエコノミーの代表企業として有名ですが、ニューヨーク発祥の「WeWork」はご存じでしょうか?

Photo オープンなWeWorkの貸しオフィスのホール

 WeWorkは、起業家たちに貸しオフィスを時間単位で提供しているニューヨークのスタートアップ企業です。アメリカ(ニューヨーク、サンフランシスコなど19都市)、オーストラリア(シドニー)、カナダ(モントリオール)、中国(北京、上海)、ドイツ(ベルリン)、フランス(パリ)、イギリス(ロンドン)、香港、イスラエル(3都市)、大韓民国(ソウル)、メキシコ(メキシコシティ)、オランダ(アムステルダム)といった全世界で展開中です。日本にいまだないのが残念。

 以前から気になっていましたが、今回初めてサンフランシスコにあるWeWorkにお邪魔することができました。

ALTALTALT 左:Raspberry Piも会員 中央:電話会議ブース 右:イノベーション必需品

シェアリングエコノミーのもう1つの“雄”

 『The Wall Street Journal』(WSJ)紙によると、「Uberが車を、Airbnbがアパートを必要とするように、うちはオフィススペースを必要としています」とWeWorkの共同創設者のアダム・ノイマン氏。

 WeWorkの面白いところは、彼らのテナントに入居するさまざまな業種のベンチャー企業にリアルとバーチャルの共創のキッカケとなる“場(ba)”を提供しているところです。

 会員になると、毎週開かれるパーティーで人脈を広げることができます。

ALTALTALT 左:さまざまなイベント 中央:優しいスタッフ 右:MSとのコラボ

 会員企業が自分たちのアイデアを売り込む「デモ・デイ」も頻繁に開催され、ベンチャー企業同士のネットワーキングや外部のWeWorkとの連携企業からアドバイスをもらえます。

 さらに、「WeWork Commons」と呼ばれる独自のSNSを立ち上げています。このサービスはビジネスに特化したSNSで、主に事業を起こしたばかりの人々に的を絞っているのが特徴です。

 会員には、各地に展開するオフィスの予約機能や、各種サービスの割引、ローカルイべントの紹介などの特典を提供しています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -