ニュース
» 2017年02月11日 08時00分 UPDATE

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:シリコンバレー見聞録 エンジニアのためのデジタル道場「AWS Pop-up Loft」

IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした刺激的で興味深い体験から、注目のポイントを紹介。第7回は、スタートアップやエンジニアが集まり、デジタルテクノロジーを学び合うフリースペース「AWS Pop-up Loft」です。

[柴崎辰彦,ITmedia]

この記事は柴崎辰彦氏のブログ「柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」」より転載、編集しています。


 AWS Pop-up Loftは、AWS(アマゾンウェブサービス)が運営するイノベーションスペース。“Pop-up”という単語から、目的を達成したら消えてしまうのかも……と思ったりもしますが、実験店舗や仮店舗という意味合いかもしれません。

 われわれのイノベーションスペースを企画するときに参考にした施設の1つであり、これからのデジタル技術者のための“道場”ともいえる施設です。

ALTALTALT ブリックススタイルのアットホームな雰囲気

ギークのたまり場

 スタートアップやデジタルテクノロジーを学ぶエンジニアが集まって、情報交換や仲間づくりをしており、新たな仲間を増やすネットワーキングの場として最適です。

 AWSの技術者が常駐しているので、AWSの最新技術を学んだり、質問したりすることもできます。

 多様な人の集まりゆえにルールは必要で、“Amazon Popup Loft House Rules”が設けられており、“NO PET”や“NO SLEEPING”が厳命されています。

ALTALTALT 1階奥のカウンターには技術者が質問に答えてくれるコーナーも

 1階のテクニカルカウンターの近くには、ビールサーバが鎮座(笑)。ニューヨークの“Pop-up Loft”と結び、気温と湿度が表示されていた。残念ながらビールの消費量は故障なのか、表示されていなかったが、これも一種のIoT実証実験(Intelがスポンサー?!)。日本では、タダでビールを提供するような文化はないですが、それぐらいのサービスがないと優秀な人材は集まらないのかもしれません。

ALTALTALT ビールサーバもハック?!

 Pop-up Loftには、“CODE TOGETHER”や“CODE HAPPY”といったギーク魂を揺さぶるメッセージが至るところに掲示されています。

 ゲーム台も今や、息抜きのためにこのようなスペースには必須のアイテムかもしれませんね。

ALTALTALT 遊び心のあるスペース

パートナー企業とのコラボ

 2階のスペースでは、AWSのパートナー企業とのコラボレーションイベントが頻繁に行われています。この日も企業向けストレージとデータ管理ソリューションを提供しているNetApp社のソリューションを紹介するイベントが開催されていました。

 簡単な食事やビールを提供し、同社のソリューションを紹介していました。

ALTALTALT NetAppsの若手技術者によるプレゼン

 地価の高いサンフランシスコにおいて、コワーキングスペース的に利用する場所として最適なスペースといえるのではないでしょうか。

 以前は、ロンドンにも店舗があったのですが、現在ではここサンフランシスコの他、ニューヨークとベルリンに店舗があるようです。

著者プロフィル:柴崎辰彦

富士通グローバルサービスインテグレーション部門戦略企画統括部長。

著書『勝負は、お客様が買う前に決める!』(ダイヤモンド社)。詳しいプロフィルはこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -