連載
» 2017年04月24日 12時30分 UPDATE

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:SXSW 2017観戦記 SONYの挑戦「The WOW Factory」 (1/2)

“IT界のパリコレ”ともいわれる、Music、Film、Interactiveを柱にした世界最大規模のイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、ソニーのブース「The WOW Factory」の“驚き!”満載な展示を紹介します。

[柴崎辰彦,ITmedia]

この記事は柴崎辰彦氏のブログ「柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」」より転載、編集しています。


 先日NHK BSでも2時間に渡って特集されていましたが、昨今注目を集めるようになった「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」は、世界80カ国以上からの参加者同士がネットワーキングを目的に“参戦”するフェスティバルです。日本企業もさまざまな分野から参戦しています。この観戦記では、主に日本企業の参戦の模様をレポートしていきます。

 まず、トップバッターはソニーです。今回、同じ家電分野の企業とはいえ、Panasonicとは目指す方向感がかなり違う印象を持ちました。一言でいうと、さまざまなコンテンツを含めて、ソニーグループの総力を結集した体験型のブースといった感じでしょうか。SXSW 2017で最も楽しめたブースの1つでした。

Photo 倉庫を貸し切ったソニーの「The WOW Factory」はまさに“驚き工場”

 「The WOW Factory」と名付けられたソニーのブースは、他企業のブースがひしめくオースティンコンベンションセンターの向かいにあるJAPAN FACTORYと呼ばれる別棟にあり、ソニーの最新技術を活用したプロトタイプや研究開発段階のプロジェクト、ソニーのエンターテインメント・コンテンツと組み合わせたアトラクション型の展示などを紹介していました。順を追って見ていきましょう。

1. A BLANK CANVAS COMES TO LIFE

 まず、入り口を入って、その鮮やかな画像にビックリしたのは高画質の大型ディスプレイ。微細なLED素子を光源とする独自開発のディスプレイらしいのですが、こんな巨大なディスプレイがわが家に来る日も近いのでしょうか。

Photo LED High Image Quality Video Wall-Crystal LED Integrated Structure

2. IMMERSIVE SPACE ENTERTAINMENT

 ヘッドマウントディスプレイなどのデバイスを装着することなく、自然なインタラクションにより没入体験を楽しめる没入空間型VRシステム。参加者の椅子の動きを検出し、ドーム型スクリーンに投影する動画やCGを変化させるインタラクティブな没入体験を提供します。筆者も含め、ヘッドマウントディスプレイが嫌いな人も多いはず。必然かつ面白いアプローチだと思いました。

Photo Music Visualizer & Cyber Gym

3. MUSIC WITH ANY SURFACE UI

 プロジェクターで映し出したスクリーンに直接触れて操作することでコミュニケーションをとれる空間を提供する「Xperia Touch」。「CES 2017」で発表されたばかりのこのサービスは、キーボードやドラムを自分で選択して表示できます。直観的に操作できるユーザーインタフェースを用いて、新しいコミュニケーションスタイルを提案していました。これは子供にもすぐに楽しめそうなので、家族や友達同士で一緒に遊べそうです。

Photo New User Interface on Xperia Touch

 一緒に展示されていたXperiaブランドのイヤフォンが近未来的でカッコ良かった!

Photo Xperia Touch DJ & Xperia Ear "Open-style CONCEPT"

4. PLAY THE NEW HUMAN PERCEPTION

 迷路のようなステージで「視覚交換鬼ごっこ」を、ヘッドマウントディスプレイを装着した来場者が体験していました。

 「Superception」(超Super+知覚perception)は、コンピュータ技術を用いて人間の感覚に介入して人間の知覚を接続することで、工学的に知覚や認知を拡張、変容させる研究の枠組みのようです。

Photo Superception

5. IMMERSIVE PROJECTION MAPPING EXPERIENCE

 最近話題のスポーツクライミングとソニーの技術、そしてスパイダーマンのコンテンツが融合したアトラクション。「Moving Projector」で投映されるスパイダーマンとともに壁を登り、ゴールを目指すゲームが体験できます。

 単にスポーツクライミングとしてだけではなく、ゲーム感覚でスパイダーマンになった気分になれます。思わず日本にいるアメコミ好きの友達に画像を送ってしまいました!

Photo
Photo Sony's visual interaction technology
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ