ニュース
» 2017年05月31日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ハイブリッドクラウド最初の難所、クラウド移行のお助けツールとは

一部のアプリケーションとシステムは社内で管理しながら、それ以外のデータ管理を外部のパブリッククラウドに任せるハイブリッドクラウドに注目が集まっている。だが、ハイブリッドクラウドの最初のステップであるクラウド移行で問題が発生することが少なくない。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 オンプレミスからハイブリッドクラウドへ移行する道のりは楽ではない。移行がなかなか簡単にいかない大きな要因として、ハイブリッドクラウドを管理するツールやルールが、これまで使い慣れたものと違うことが挙げられる。また、ハイブリッドクラウドにおいてクラウドとオンプレミスの間でワークロードをスムーズに移行させることは、最先端を行くクラウドユーザーにとってもいまだに夢物語だ。「VMware vSphere」と「Amazon Web Services」(AWS)の混在環境では特に難しい。クラウド移行の問題によってハイブリッドクラウドのプロジェクトが開始前に中止になる場合もあるのだ。

 オンプレミスの機器からパブリッククラウドへデータやアプリケーションを移行し、時には、再びオンプレミスに戻すツールが、ここ最近注目を集めている。このコンテンツでは、ネイティブツールだけでなく、サードパーティー製ツールにも着目して、ハイブリッドクラウドの第一ステップであるクラウド移行を解説したい。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -