ニュース
» 2017年06月01日 09時25分 UPDATE

流出情報を有料で提供、ハッキング集団Shadow Brokersが6月から“会員募集”

暴露情報がWannaCryにも利用されたハッキング集団「Shadow Brokers」が「月例サービス」の展開を予告。仮想通貨で100 Zcash(現在の相場で約260万円)を6月1日〜30日の間に送金するよう促している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米国家安全保障局(NSA)のハッキングツール流出に関わった集団「Shadow Brokers」が、有料会員向けに毎月新たな情報を提供するサービスの申し込みを6月1日から受け付けると発表した。同集団がこれまでに暴露したツールは、世界で猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」をはじめ、マルウェアなどのサイバー攻撃に相次いで使われたことが分かっている。

Shadow Brokers

 同集団はこのサービスを「TheShadowBrokers Monthly Dump Service」と命名。会員になるには仮想通貨で100 Zcash(現在の相場で約260万円)を6月1日〜30日の間に指定のアドレスに振り込むよう求めている。

 登録を済ませた会員向けには、7月1日〜17日の間に届くメールでリンクとパスワードを知らせ、新たに暴露する情報にアクセスできるようにするとしている。

 Shadow Brokersがこれまでに暴露したハッキングツールには、WannaCryに利用されたWindowsの脆弱(ぜいじゃく)性を突くコードをはじめ、IBMやCiscoといった大手製品の脆弱性に関わる内容が含まれていた。次に暴露する内容については「まだ決めていない。誰かにとって何らかの価値があるもの」と述べるにとどめている。

Shadow Brokers 会員を募集する告知が掲載されているページ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ