ニュース
» 2017年06月01日 09時50分 UPDATE

ビジネス向けGmail、機械学習を使った新しいセキュリティ機能を発表

機械学習を使った悪質メールの検出や社外秘情報の流出防止など、新しいセキュリティ機能をビジネス向けGmailで提供する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは5月31日、機械学習を使った悪質メールの検出や社外秘情報の流出防止など、ビジネス向けGmailの新しいセキュリティ機能を発表した。

 このうち、マルウェアなどの悪質なファイルが添付されたメールを阻止する新機能では、添付ファイル付きスパムメールの特徴と、送信者のヒューリスティック分析を関連付けて、新手のマルウェアや未知のマルウェアを含むメールを検出。未解決の脆弱(ぜいじゃく)性を突くゼロデイ攻撃や、ランサムウェア、多形マルウェアを阻止できる態勢の強化を図る。

 実行可能ファイルやjavascriptファイルなど、潜在的なセキュリティリスクが高い種類のファイル利用はブロックする。また、Safe Browsingと機械学習を組み合わせて、不正なリンクをクリックすると警告が出る機能も提供する。

Gmail Security Safe Browsingと機械学習を組み合わせて、不正なリンクをクリックすると警告が出る

 機械学習を使ったスパム検出は、99%を超す精度を達成してきたとGoogleは説明する。Gmailが受信するメールのうち50〜70%はスパムが占めているといい、新しいセキュリティ機能によって、さらに1日何億通ものスパムを排除できると予想している。

 データ流出防止対策では、社外のドメインの相手から届いたメールに返信しようとすると、「この受信者はあなたの組織に所属しておらず、連絡先リストにも入っていません」という内容の警告が出る。受信者がそれまでにも連絡を取ったことのある相手や、定期的に連絡を取っている相手だった場合、不必要な警告は表示されないという。

Gmail Security 普段やり取りをしていない、社外のドメインの相手にメールを返信しようとすると警告が表示される

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ