連載
» 2017年07月25日 09時00分 UPDATE

半径300メートルのIT:これは便利! 海外旅行で見つけた“意外なモノ”の自動販売機 (1/2)

久々の海外旅行で、ちょっと面白い自動販売機を見かけました。購入したモバイルバッテリーで充電が終わり、空になったら、この自動販売機に入れることでまた満充電のバッテリーが手に入るのです。また、帰国後に余った外貨を電子マネーに変えてくれる自動販売機も初めて体験しました。

[宮田健,ITmedia]

 久しぶりに海外へ旅行にいってきました。向かった先は、米国ロサンゼルスのディズニーランド・リゾート。現地レポートのお仕事を1つ片付け、ディズニーランドを楽しんでいたところ、ちょっと気になる自動販売機を見つけました。それがこの「バッテリー」自動販売機です。

バッテリー自動販売機 見つけたのはこんな自動販売機

 これは「FuelRod」というサービスの自動販売機で、スマホを充電できる小さめのモバイルバッテリーにmicroUSBケーブルとLightning変換アダプター、30ピンDockコネクタ変換アダプターが付いて、30ドルで購入できるというもの。これだけを聞くとちょっと高めかな?と思うかもしれませんが、この自動販売機の面白いところは、充電し終わって空になったバッテリーをこの自動販売機に入れると、満充電のバッテリーと交換できるという点です。

 この仕組みであれば、わざわざ大きなバッテリーを持ち歩かなくても、空になったら自動販売機を見つけて交換さえすれば、バッテリー充電量を気にすることなくスマホを使えます。最近はテーマパークの中でもコンセントが用意されていて、充電ステーションとして使えるようになっていますが、このバッテリー自動販売機があればかなり安心してスマホを利用できます。


 ディズニーランド・リゾート、そしてフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドでは、このバッテリー自動販売機が多数設置されています。ホテルにもこれがありますので、もはやバッテリーは充電するのではなく、交換するものとして考えてもいいのかもしれません。FuelRodはディズニーランド・リゾート内だけでなく、空港やショッピングセンターにも一部設置されているようです。テーマパークのように、同じ場所にある程度滞在する場合には大変便利だと思います。

 そして最後には(新品ではないものの)そのまま持ち帰って外付けバッテリーとしても使えます。このサービス、日本でも展開してほしいですね。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -