連載
» 2017年11月27日 08時00分 公開

Enterprise IT Kaleidoscope:「Windows 10 Pro for WorkStation」って、結局“誰得”なの? (1/4)

Winodws 10 Fall Creators Updateともにリリースされた、Windows 10の新たなエディション「Windows 10 Pro for Workstation」。ワークステーション向けというややニッチなOSだが、そのニーズや価値はどこにあるのだろうか。

[山本雅史,ITmedia]

 先日リリースした「Windows 10 Fall Creators Update(以下Win10 FCU)」と同時に、Windows 10の新たなエディション「Windows 10 Pro for Workstation」の提供が始まった。

 これはパフォーマンスや信頼性が必要な業務向けの最上位エディションで、提供開始に合わせて、DellやLenovoなどのPCベンダーから、Win10 WSが使用できるワークステーションがリリースされた。これらのマシンは、企業においてどのようなメリットをもたらすのだろうか? 今回はWindows 10 Pro for WorkStation(以下Win10 WS)の価値について、徹底的に考えてみる。

photo Microsoftのブログで公開された、Windows 10 Pro for Workstationの特徴。ReFS、Presistent Memory、SMB Direct、そしてCPUソケット数と最大メモリ容量の増加などをうたっている

CPUコア数と最大メモリ容量が増加した「Windows 10 Pro for WorkStation」

photo Win10 WSのバージョン情報。今回は、Win10 ProをMSDNで取得したWin10 WSのプロダクトキーを使ってアップグレードした

 Win10 WSがWin10 ProやEnterpriseと大きく異なるのは、サポートするCPUソケット数と最大メモリ容量だ。

 64bit版のWin10 ProおよびEnterpriseは、最大2ソケットのCPU、最大メモリ容量は2TB(32bit版は4GB)までになっている。Homeについては、CPUは1ソケットで、最大メモリは64bit版が128GB、32bit版は4GBとなる。

 今回登場したWin10 WSは、最大4ソケットのCPUをサポートし、最大メモリ容量は6TBにまで拡張している。Win10 WSがサポートするスレッド数に関しては、明記されていないものの、Win10自体の最大が256Logical Processor(LP)となっているため、同じく256LPなのだと考えられる。

 一方でWindows Server 2016は、ソケット数の制限がなく、OS自体がサポートするスレッド数が最大512スレッドとなっている。最大メモリ容量は24TBだ。

 コア数が多いCPUとしては、18コア/36スレッドのIntel「Core i9-7980XE Extreme Edition」や、16コア/32スレッドのAMD「Ryzen Threadripper 1950X」などがある。ただし、これらのCPUは1ソケットでの動作が前提となっているため、Win10 WSのメリットを生かすためには、マルチソケットのシステムが必要だ。

 マルチソケット対応のCPUは、クライアントPC向けの製品が存在しないため、2ソケット以上のワークステーションを構成するためには、サーバ向けのCPUやマザーボードなどが必要になる(サーバのハードウェアを流用することになる)。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -