ニュース
» 2018年02月07日 11時00分 公開

ゲートに後付けで顔パス機能を取り付けられる「NeoFace Access Control」登場

NECが、セキュリティゲートなどに後付けで顔認証機能を取り付けられる「NeoFace Access Control」を発表、2月14日から出荷する。

[田中宏昌,ITmedia]

顔認証AIエンジンやカメラなどをワンパッケージで提供

 NECは2018年2月7日、同社の顔認証技術を使用した顔認証製品「NeoFace Access Control」を発表、2月14日から出荷する。希望小売価格は120万円(税別)。

photo NeoFace Access Control(左)と設定画面(右)。本体内蔵のタッチパネルで簡単に設定が可能だ。画面解像度は1920×1080ピクセルとなっている

 NeoFace Access Controlは、有効画素約120万画素のカメラやNFC Type A/F対応のICカードリーダ、7型でタッチ操作(静電容量式)に対応したディスプレイといったハードウェアと、顔認証AIエンジン「NeoFace」や顔データベースなどのソフトウェアを一体化した製品で、既存のセキュリティゲートにアドオンで顔認証機能を追加できるのが特徴だ。

 RS-485やデジタル入出力端子を備えることで、入退場ゲートベンダー(クマヒラ日本ハルコン)や入退管理・勤怠管理システムベンダー(NECプラットフォームズ)との連携も行える。

photo 「NeoFace Access Control」は中央に7型のタッチパネル、上部にカメラ、下部にICカードリーダ機能を搭載する。単体で2要素認証も可能だ

 顔情報の登録は、GUIの設定画面とタッチパネル操作(Web UIも提供される)だけで最大5000人登録でき、別途データベース管理サーバ「NeoFace Access Control Manager」(税別80万円)を導入することで、顔情報を複数台に一括登録できるほか、最大1万人までの登録に対応する。

 なお、NeoFace Access Control Managerは受注開始日が3月2日、出荷は3月9日となっている。

photo 底面に2基の有線LANやUSB 3.0、RS-485、DisplayPort端子を用意する

 ボディーサイズは150(幅)×153(奥行き)×380(高さ)mm、重量は約7kg。ボディー全体をヒートシンクのような凹凸形状にすることで、IAアーキテクチャ(Core i5-6500TEや8GBのメモリ、256GBのSSD)を採用していながら、ファンレス仕様となっているのも見どころだ(OSは64ビット版Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB)。

 また、NeoFace Access Controlは防じん防水等級のIP54を取得しており、半屋外のライブ会場などでも利用できるとしている。

photo NeoFace Access Controlを取り付けたセキュリティゲートのイメージ。約7kgと重量感のあるボディーだが、ファンレス仕様なので受付などの静かな環境でも動作音を気にせずに済む

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -