ニュース
» 2018年02月23日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:Windows 10の最新セキュリティを脅かす「隠れたリスク」とは

Windows 10は最新のセキュリティ機能を導入している。しかし、使う人間がミスを犯さないとは限らない。そして、長年にわたって標準ブラウザだったInternet Explorerにも危険が潜んでいる。そのリスクを回避する方法を考える。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 Windows 10では2要素認証やデータ保護機能などを導入してセキュリティ機能を大幅に強化した。しかし、OSがどんなに高レベルのセキュリティ機能を実装しても、その機能を適切に使うことができなければ、Windows 10はセキュリティリスクを抱えたままだ。

 Windows 10で導入した強力なセキュリティ機能を無駄にしないために、ユーザーも努力しなければならない。そのためには1つ1つは地味な作業だが確実にこなすのが意外と面倒な対策が必要だ。

 Windows 10のセキュリティ機能強化を無駄にしかねない伏兵は他にもいる。長らくWindowsシリーズに付属するブラウザという地位にあり、今でも標準ブラウザとしてサポートするWebページや使用するユーザーが多い「Internet Explorer」もセキュリティリスクの一因となる。

 隠れたリスクを回避するためにユーザーとIT管理者は何をすべきか。その答えをTechTargetジャパンに掲載した記事で確認する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -