ニュース
» 2018年05月09日 10時44分 公開

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性を修正

Flash PlayerとCreative Cloud Desktop Application、及びConnectの脆弱性を修正するセキュリティアップデートが公開された。

[鈴木聖子,ITmedia]
Photo キャプション

 米Adobe Systemsは5月8日、Flash PlayerとCreative Cloud Desktop Application、及びConnectの脆弱性を修正するセキュリティアップデートを、それぞれの製品向けに公開した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、Flash Playerの更新プログラムでは、1件の深刻な脆弱性に対処した。悪用されれば任意のコードを実行される恐れがあり、危険度は3段階で最も高い「クリティカル」、優先度はWindowsとMacで「2」に分類している。

 脆弱性を修正した最新版の「Flash Player 29.0.0.171」は、Windows、Mac、Linux、Chrome OS向けにリリースされた。

 一方、Creative Cloud Desktop Applicationでは「クリティカル」指定を含む3件の脆弱性を、Connectでは「重要」指定の1件の脆弱性をそれぞれ修正した。優先度はいずれも「2」に分類している。

Photo Creative Cloud Desktop Applicationの修正点(出典:Adobe)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -