ニュース
» 2018年06月01日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:“脱Office”は無謀? それでも他のソフトに乗り換えたい人は何を選ぶべきか

「Microsoft Office」はオフィススイートの代表格だが、それでも何らかの事情で他社製品に乗り換えなければならない組織はあるだろう。別のオフィススイートに移行する時にはどのような課題に直面するのか、事前の予測が重要だ。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 多くの企業にとって「Microsoft Office」がオフィススイートのデファクトスタンダードである事は論をまたないだろう。だが、全ての組織がMicrosoft Officeの機能に満足しているとは限らない。

 「脱Office」を検討する企業にとって、「代替ソフトは何がお薦めなのか」「乗り換えた時に起こり得るリスクは何か」は気になる疑問だ。機能の違いだけでなく、統合/相互運用はどうなるのか、実装やサポート体制がどう違ってくるのかも視野に入れておく必要がある。乗り換えに挑戦する組織は、これらの大きな課題に直面することになる。だが、多くの組織がこの課題に挑み、成功した組織もある。例えば、オフィススイート全てを一気に入れ替えるのではなく、「Microsoft Excel」「Microsoft Word」「Microsoft Powerpoint」のいずれかだけを入れ替える手があるかもしれない。

 本稿では、Microsoft Officeの代替ソフトに乗り換える場合の課題と、Microsoft Wordだけを乗り換えるシチュエーションについて解説する

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -