連載
» 2018年06月05日 07時00分 公開

半径300メートルのIT:1ツイートが命取りになる時代に「SNSアカウント乗っ取り」を防ぐには?

たった1件の「炎上ツイート」がきっかけで、セレブが何十年分のキャリアを数時間で失う――実はこれ、ひとごとではありません。いったん誰かが自分になりすまして「悪質な投稿」をしてしまったら、身の潔白を証明するのはとても難しいんです。

[宮田健,ITmedia]

 先日、興味深い事件が起きました。米国の人気コメディー女優、ロザンヌ・バー(Roseanne Barr)氏が、1件のツイートがきっかけで、あっという間に輝かしいキャリアの座から「転落」し、冠番組を失ってしまったのです。

ツイートから数時間でキャリアが水の泡に

 問題になったツイートは、オバマ前大統領のアドバイザーだったヴァレリー・ジャレット(Valerie Jarett)氏の容姿を、中東の政治団体である「ムスリム同胞団」や映画「猿の惑星」を引き合いに出してからかったもので、「人種差別」と捉えられかねない内容でした。

 バー氏は、投稿から1位時間後には件のツイートを削除したようです。しかし、時すでに遅し。同氏のツイートはあっという間に広まり、数時間後には、彼女の主演する大人気コメディードラマ「ロザンヌ」を制作していた米国の放送局ABCが、同番組の打ち切りを発表しました。

 ABCの親会社であるウォルト・ディズニーのロバート・アイガー(Robert Iger)CEOは、この発表に素早く反応し、「ABCは賢明な判断をした」とツイートしました。

 すると、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領がすかさず「アイガー、それならいつ俺に謝罪の電話をよこすんだ? ABCは(ロシア疑惑に関して)散々フェイクニュースを流して世間を不快にさせたじゃないか。とんだダブルスタンダードだぜ!」と同氏を名指しで批判するなど、「混戦」を繰り広げています。

人生やキャリアが「投稿1つ」に左右される危うさ

 今回の事件の背景に、米国に広がる「ポリティカル・コレクトネス(政治的、社会的に差別や偏見のない発言や表現を心掛けること)」や「#metoo」の波が関係している点は間違いないでしょう。

 しかしそれ以上に、ツイート1つで自分の人生が大きく変わってしまうこと、そして自分の関係者が問題のある発言をした際、「即座に」「正しく」対応しなければ自分も同罪にされてしまう可能性を示した意味で、この事件は大変象徴的でした。

画像 短時間であっという間に広がり、原因の投稿を削除しても止まらないのが、最近の「炎上」の怖さです

 この事件自体の詳細については、下記の記事群も参考にしてください。

 SNSを発端とする「舌禍事件」は、何も新しいものではありません。この連載の第1回でも、失言とは呼べない内容でしたが、橋下徹氏が「投稿するはずではなかった」あるツイートを取り上げました。

 世の中では、誤った発言が投稿され、即座に削除されたものの、しっかりスクリーンショットを撮られて広まってしまった……というケースがよくあります。つまり「いったん投稿されてしまったら、後戻りできない」点を悪用されるリスクが無視できなくなっているのです。

命取りの一言を防ぐもの、アレだけでいいの?

 今回の事件が展開したスピードから考えるに、もしも誰かが本人のSNSアカウントを乗っ取って「悪質な投稿」をしたら、本人がそれに気付いて短時間で否定するのはかなり難しいと言わざるをえません。

 実際、偽物が本人のパスワードを手に入れてSNSのアカウントを乗っ取り、陥れた事件も多いと思います。

 そう、たった一言のSNS投稿があなたの人生を変えてしまうこの時代、「あなたの人生を守っているのは、あなたのパスワード」ともいえるのです。それって、ちょっと不安になりませんか。

 問題のある投稿に関して、「秘書がやった」「子どもがやった」「ハッカーにやられた」など、さまざまな原因(もしくは、言い訳)を耳にしたことがあります。

 しかし、そろそろ「それなら、なぜ二要素認証を使っていなかったのですか?」と問われる時代になるのではないでしょうか。確かに、二要素認証はSMSで送られる6つの数字を入力させたり、別のアプリを起動して目視する必要があったりと、面倒なことこの上ないのは分かります。二要素認証は、パスワードの使い回しや漏えい事件に起因し、他人がなりすましてログインするリスクを防ぐ、いまのところ一番簡単な方法なのです。

 あなたがSNS上で有名人であろうとなかろうと、その発言力と拡散力は無視できません。だからこそ、自衛の意味を込めて「認証」を強化してみてはいかがでしょうか。私ももう、あの「レイバンスパム」などの悪質なスパムに知人のアカウントが乗っ取られるのを見たくないのです……。

著者紹介:宮田健(みやた・たけし)

デジタルの作法 『デジタルの作法』

元@ITの編集者としてセキュリティ分野を担当。現在はフリーライターとして、ITやエンターテインメント情報を追いかけている。自分の生活を変える新しいデジタルガジェットを求め、趣味と仕事を公私混同しつつ日々試行錯誤中。

筆者より:

2015年2月10日に本連載をまとめた書籍『デジタルの作法〜1億総スマホ時代のセキュリティ講座』が発売されました。

これまでの記事をスマートフォン、セキュリティ、ソーシャルメディア、クラウド&PCの4章に再構成し、新たに書き下ろしも追加しています。セキュリティに詳しくない“普通の方々”へ届くことを目的とした連載ですので、書籍の形になったのは個人的にも本当にありがたいことです。皆さんのご家族や知り合いのうち「ネットで記事を読まない方」に届けばうれしいです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -