ニュース
» 2018年07月06日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:クラウドで「マイクロサービス」開発に本気で取り組むべき理由

デジタルサービスではモノリシック(一枚岩の意味)なアーキテクチャが限界を迎え、企業はマイクロサービスへの移行を迫られる。従来型開発の限界を示す3つの兆候、マイクロサービスを使用してクラウド上でWebサービスを構築するためのステップについて解説する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 デジタルトランスフォーメーションを迫られている企業の間では、分散アーキテクチャへの移行、中でも特にマイクロサービスアーキテクチャへの移行がますます人気を博している。Amazon.comやeBayといった大手企業は既に、モノリシックなアーキテクチャを小さく分割する作業に取り掛かっている。しかし大半の企業は、マイクロサービスアーキテクチャが自社にもたらす価値を検討している段階だ。

 従来型の開発スタイルで一枚岩のアーキテクチャを構成するモノリスはあるクラスの問題には完全に合理的なソリューションである一方で、ユーザーの数、チームの規模、導入のライフサイクルのいずれかが原因で、そのクラスを超える問題に発展したら、マイクロサービスのようなものに変える必要がある。このコンテンツでは、モノリスの限界を示す3つの兆候と、マイクロサービスを使用して「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」といったクラウド上でWebサービスを構築するためのステップを解説する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -