ニュース
» 2018年09月12日 10時15分 公開

Adobe、Flash PlayerとColdFusionの脆弱性を修正

AdobeがFlash PlayerとColdFusionのセキュリティアップデートを公開した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは9月11日、Flash PlayerのセキュリティアップデートをWindows、macOS、Linux、Chrome OS向けに公開した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、Flash Playerの更新版では1件の脆弱性に対処した。この問題を悪用されれば情報流出を引き起こす恐れがある。緊急度は3段階で上から2番目の「重要」、優先度はWindowsやmacOSで「2」、Linuxでは「3」に分類している。

 この脆弱性は、Flash Playerの30.0.0.154までのバージョンに存在する。更新版となるバージョン31.0.0.108で問題が修正された。

photo Flash Playerの更新版のバージョンは31.0.0.108となる(出典:Adobe)

 米Microsoftが同日公開した月例セキュリティ更新プログラムには、Flash Playerの更新版も含まれており、Windows 10および8.1に搭載されたMicrosoft EdgeとInternet Explorer(IE)11では、Flash Playerも自動的に更新される。

 また、米GoogleのChromeでもFlash Playerは自動更新される。Googleは同日、デスクトップ向けのChrome更新版となるバージョン69.0.3497.92を公開し、複数の脆弱性に対処したことを明らかにした

 AdobeはFlash Playerのほかに、ColdFusionのセキュリティアップデートも公開し、9件の脆弱性を修正したことを明らかにした。このうち6件は緊急度が最も高い「クリティカル」に分類。優先度は「2」と位置付けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -