キーワード
» 2003年08月12日 00時00分 UPDATE

情報システム用語事典:ビジネス・インテリジェンス(びじねす・いんてりじぇんす)

business intelligence / BI

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 企業内外の事実に基づくデータを組織的かつ系統的に蓄積・分類・検索・分析・加工して、ビジネス上の各種の意思決定に有用な知識や洞察を生み出すという概念や仕組み、活動のこと。また、そうした活動を支えるシステムやテクノロジを含む場合もある。

 この言葉は、1989年に米国の調査会社ガートナーグループのアナリスト(当時)、ハワード・ドレスナー(Howard Dresner)が使ったのが最初だといわれている。彼は、経営者や一般のビジネスパーソンが、情報分野の専門家に頼らずに自らが売上分析、利益分析、顧客動向分析などを行い、迅速に意思決定することの実用性を説き、そのコンセプトをビジネス・インテリジェンスと呼んだ。

 ドレスナーの考えるビジネス・インテリジェンスにはデータマイニングは含まれなかったようだが、今日では意思決定支援システム(DSS)データウェアハウスOLAP(online analytical processing)、アドホックなクエリツール、レポーティングツールなどとともに、データマイニングもBIテクノロジ、BIツールと位置付けられることが一般的となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ