連載
» 2004年12月16日 12時00分 UPDATE

オフショア開発時代の「開発コーディネータ」(4):いいかげんにして! 日本企業─中国に嫌われる理由 (1/2)

[幸地司(アイコーチ有限会社),@IT]

前回までは、主に日本企業側から見た中国オフショア開発のメリット・デメリットを紹介してきた。一方で、開発を受託する中国側企業の視点に立つと、プロジェクト計画書や仕様書の問題や日本側が中国を見下す姿勢の問題など、日本企業にも多くの問題を抱えていることが分かる。ここでは、前編となる今回と、後編となる次回の2回に分けて、中国企業側から見た日本企業の問題を明らかにしていく。

中国側から日本を見てみると

 これまでは、主に日本企業の立場から中国オフショア開発における問題点を指摘してきました。第1回の「中国ソフトウェア業界の実力とオフショア開発の勘所」では、社内のオフショア開発に対する不安を払しょくする方法と、オフショア開発を推進するコミュニティの形成について紹介しました。

 第2回では、実際に中国で体験した失敗例や事例を研究して得た教訓などについて言及し、さらに第3回では効果的なプロジェクト立ち上げを実現するアプローチを紹介しました。

 一方、オフショア開発を受託する中国側の立場から指摘された問題点を見てみると、実にさまざまなバリエーションがあることに気付きます。それは、中国視察旅行のマナーに関する問題、契約締結までに時間がかかり過ぎる問題、プロジェクト計画書や仕様書の問題、現場のコミュニケーションの問題、日本側が中国を見下す姿勢の問題、担当者の技術力不足の問題、責任分担があいまいで管理体制が立ち上がらない問題、管理層が不在で若手社員や中国側に丸投げする問題などです。

 これらの問題は昔から中国企業に根強く存在しますが、その多くは中国側の品質問題の陰に隠れてしまい、これまでほとんど疑問視されることはありませんでした。今回と次回では、これら中国側が感じるオフショア開発の問題点を大きく4つに分類し、それぞれの問題点について詳しく解説していきます。

  1. 仕様まとめ能力不足
  2. 仕様変更の段取りの悪さ
  3. 担当者の技術力不足
  4. 理不尽な条件の押し付け

仕様まとめ能力不足 〜木を見て森を見ず〜

 中国企業から最も多く寄せられる意見は、「仕様書のまとめ」に関する不満の声です。その代表的なコメントをいくつか紹介します。

「全体的に仕様が確定しないまま、開発に着手せざるを得ない」

「どの仕様が確定していて、どこが未確定なのかがあいまい」

「全体構成と個別説明の対応が不明りょう」

「要件の網羅性が悪く、論理的にすっきりまとまった資料が少ない」

 ただし、ここで注意していただきたいのは「仕様が固まらず失敗するのは、国内開発でも同じだ。オフショア開発固有の問題ではない」などと結論を急がないでほしいのです。なぜならば、国内開発においては、走りながら徐々に暫定仕様を確定させる「日本型開発アプローチ」であっても、過去に多くの成功事例があることを読者の皆さんは知っているからです。

 では、なぜ従来の日本型開発アプローチは、オフショア開発では通用しないのでしょうか。日本型開発アプローチでは、発注側の業務分析が足りない場合に、受注側のシステム開発会社や下請け業者が努力して仕様書の行間を埋めることが当たり前とされています。ところが、相手が中国企業となると、日本語で書かれた仕様書の行間が読めないばかりか、「トラブルがトラブルを呼ぶ」ような状況にまで悪化し、プロジェクトマネージャの裁量だけでは収拾がつかなくなってしまいます。 一方、仕様書そのものにも問題があります。最近は、機能単位の細かい仕様に目が行き過ぎて、漏れなくダブりなく考える論理的思考(MECE)に欠ける仕様書が目立つようになりました。ある中国企業担当者は、日本企業が提供する仕様書のほとんどが「木を見て森を見ず」だと指摘しています。

 日本企業の長年の努力により、穴埋め式に記述する定型フォーマットを使えば、誰でも簡単に仕様書が作れます。そこに、マニュアル教育の1つの落とし穴があります。ちまたでは「中国ベンダは、異常系や境界/限界系の実装漏れが多く困っている」といわれますが、実際には日本の仕様書にも大いに問題があることを理解しましょう。

ALT ある中国IT企業の風景

 あるオフショア開発では、日本企業が提供した要件定義書がまったく役立たなかったため、わざわざ中国で作り直したという事例があります。これは、ユースケースがまちまちの粒度で記述されていたため、中国語に翻訳してもほとんど使えないと判断されたからでした。こういった無駄の積み重ねが、オフショア開発のコストを押し上げる要因の1つとなってしまっています。 日本側の「木を見て森を見ず」、すなわち論理的思考に欠ける仕様書の例を数え上げるときりがありません。最近の中国オフショア開発では、Webアプリケーションの案件が主流の1つとなっていますが、同じような問題を抱えた仕様書は少なくありません。

 さらに詳しく説明しましょう。

 Webアプリケーション開発では、画面1枚ごとに1つの画面設計資料を作成します。しかし、システム全体を適切なサブシステムに分割することができないため、さまざまな矛盾や修正漏れが発生する恐れがあります。

  • 画面間の関連性があいまいであるため、全体の業務フローが把握しにくい
  • 共通化すべき事項が設計書に点在するので、設計書の版管理に支障を来たす恐れがある

 こうなってしまうと、外国人技術者の誤解を生むのは必至です。ところが、日本側に罪の意識が乏しいことから、後工程において「誰の責任でバグが生じたのか」を特定する際にもめることがあります。こんなことから、やがて両国の技術者の間に溝が生じて、プロジェクトの進行の妨げになることもしばしばあります。

 そのほか、中国企業からは、このような声も多く聞こえました。

「同じミスが多い。日本側の類似見直しも足りない」

「提供されたサンプルのとおりに実装したら、仕様が違うといわれた(本来は、サンプルの提示ミス)」

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -