キーワード
» 2005年08月25日 00時00分 UPDATE

情報システム用語事典:RBS(あーるびーえす)

resource breakdown structure / リソース・ブレークダウンストラクチャ

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 プロジェクトマネジメントの計画立案に使われるツールの1つで、プロジェクトで必要となるリソースを階層構造で表現したプロジェクト資源構成図のこと。

 プロジェクトが必要とするリソース、ないしは利用可能なリソースを整理・管理するために作成される。ここでいうリソースとは人的リソースのほかに、機械やツール類、資材、消耗品、料金(ほかの人的・物的リソースを調達する資金ではなく、直接的出費)などをいう。PMBOKでは、OBSのバリエーションという位置付けになっており、WBS要素が組織ではなく個人に割り当てられるときに使われるとされる。

 RBSはこうした各リソースの単位(サイズや使用時間、作業時間単位など)、および単価も記述する。これらの単位は統一されていなければならない。

 WBSとRBSを整備すると、WBSの各ワークパッケージで必要とされるリソースを、RBSで定義されたリソースに割り当て、その単価の積の総和がプロジェクト・コストの見積もりとなる。

 RBSはプロジェクトごとに必要となるリソースを書いていくという作り方のほか、個別のプロジェクトとは関係なく利用可能なリソース(例えば全社で共通に利用可能なリソース)をまとめておくという方法もある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ