キーワード
» 2005年12月10日 00時00分 UPDATE

情報マネジメント用語辞典:KJ法(けいじぇいほう)

KJ-Methods

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 無秩序で雑然とした定性データ(事実、意見、アイデア)群を、一度カードや付箋(ふせん)紙などに分解し、これを人間の直観力を用いて図解・文章に統合することで、意味や構造を読み取り、まとめていく方法および思想の体系。

 漠然としてつかみどころのない問題を明確にしたり、思いもしない解決策・新しい発想を得るために用いられる。個人の思考と集団のそれをほとんど区別しないため、個人の発想技法としてだけではなく、複数の人間による共同作業、合意形成などにも使われる。

 基本的なステップは以下のとおり。

KJ法の手順

  1. 問題提起、テーマ決定
  2. データ収集
    外部探検:取材、調査、観察、先行資料などによってデータを収集する。
    内部探検:内省、思い出し、ブレーンストーミング(ブレスト)などによって個々人の頭の中にある知識や経験を取り出す。
  3. ラベルづくり
    得られたデータをラベル(カード、紙切れ、付箋紙、マグネットシートなど)に記入する。1枚のラベルには1つの事柄だけを誤解を生じない具体的で簡潔な表現で文章化する(単位データ化)。ブレストの場合は、会議中にラベルを作っていく
  4. グループ編集
    ラベルひろげ:机の上などにラベルを順不同に広げて内容をよく読む
    ラベル集め:ラベルを順に手に取り、印象として似ているもの同士を近くに寄せてグループ(小グループ)を作る。似たものがないラベル(離れ猿・一匹狼)は、無理にグループ化せずそれ1つでグループとして扱う。既存概念で分類するのではなく、直観で親近性のあるものを集める
    表札づくり:集まった小グループに表札(見出し)を付ける。概念化、類型化するのではなく、ラベル群がいわんとすることを具体的に表現する。表札ラベルを一番上に置いて、小グループを束ねる
    小グループの束を広げて表札の内容をよく読み、再び似たものを集めてグループ化を行う。小グループから中グループ、大グループとグループ化を繰り返し、数個にまとまったら作業を終える
  5. A型図解化
    空間配置:グループ化されたラベルの束を机の上などに並べ、表札ラベルの内容をよく読み、意味関係の配置を見いだす
    図解化:ラベルの束同士を線でつないだり(相互、対立、原因・結果の関係などを表す)、囲んだりして図解する
    大グループの図解を終えたら、中グループ、小グループの図解を行う
  6. B型叙述化
    文章化:ラベルの束、あるいは図解から文章を書き起こしていく。時間的前後関係に展開することで、図解の誤りを発見したり、新たな発想やヒントを得たりする
    口頭発表:文章に代えて口頭での発表を行い、議論を深める

 広義にはこのステップ全体がKJ法だが、狭義にはラベルづくりからA型図解化・B型叙述化までをいう。ビジネス分野ではA型図解化まででストップする簡略型が使われることが多い。B型叙述化を行う中で出てくるヒントや仮説をラベルに採集して、再びグループ編集からKJ法のサイクルを繰り返す「累積KJ法」もある。また、パルス討論、点メモ、衆目評価、多段ピックアップなどの周辺技法も開発されている。

 KJ法は、もともと文化人類学者の川喜田二郎氏が学術調査(フィールドワーク)で得られた大量で雑多な資料を整理するために1950年代から模索していた方法で、その概要を1964年に出版された『パーティー学』に記したところ、読者の関心を集めた。そこで川喜田氏は実技解説のペーパーを作り、そこに便宜的に自身のイニシャルから“KJ法”と記したところ、日本独創性協会の年報「独創」2号(1965年)がその名で掲載し、定着したという。

 KJ法は定性データを扱うほとんど唯一の体系的な問題解決技法(仮説発見技法)で、その簡便さゆえに学術研究の方法論としてだけではなく、品質管理(親和図法として知られる)、マーケティング、新製品開発、ソフトウェア開発といったビジネスシーンをはじめ、教育、創造性開発、カウンセリングなど幅広い分野に普及した。ただし一般に知られているKJ法は背景にある思想性が省かれ、単純な情報操作術として認知されていることが多い。

 本来のKJ法は、「仮説・検証」型の“実験科学”の前段階である“野外科学”の手法として登場したものであり、「事実やその情報の語りかけに素直に耳を傾ける」という人間の感性を重視している。提唱された当初から「体験しなければ分からない」とされており、KJ法本部・川喜田研究所では研修コースや段位・級位認定、公認インストラクター制などを整備して、“正則な”KJ法の普及に努めている。なお「KJ法」は、川喜田研究所の登録商標である。

参考文献

▼『パーティー学――人の創造性を開発する法』 川喜田二郎=著/社会思想社/1964年11月

▼『発想法――創造性開発のために』 川喜田二郎=著/中央公論社/1967年6月

▼『続・発想法――KJ法の展開と応用』 川喜田二郎=著/中央公論社/1970年2月

▼『問題解決学――KJ法ワークブック』 川喜田二郎、牧島信一=著/講談社/1970年8月

▼『野外科学の方法――思考と探検』 川喜田二郎=著/中央公論社/1973年8月

▼『KJ法――渾沌をして語らしめる』 川喜田二郎=著/中央公論社/1986年11月


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -