連載
» 2007年01月18日 12時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かる日本版SOX法 (6/6)

[桜本 利幸,@IT]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

5分−あった方がいいITシステム

 最後に実施基準の内容から見て、あった方がいいITシステムや、導入が求められていると思われるITシステムはどのようなものだろうか。

 会計システムにつながる販売、購買、生産管理、固定資産管理などの業務システムが統合され業務処理統制の自動化を実現しながら、システムの利用に関する認証やアクセス管理、マスタデータの一元管理などのITにかかわる業務処理統制がもともと組み込まれているERPは非常に有効だ。

 さらに、運用方法としては内部統制の範囲は企業集団となることから、企業集団で1つのシステムをシェアードで利用することが極めて有効だ。シェアード型のシステムであればIT統制の評価は1つのシステムの評価で済む。

 そして、今後継続的に実施しなければならない内部統制の評価、監査、不備の改善、報告をカバーする「内部統制管理ツール」も強力な道具だ。

著者紹介

▼著者名 桜本 利幸

日本オラクル株式会社


「5分で絶対に分かる」バックナンバー
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -