キーワード
» 2007年09月11日 00時00分 UPDATE

情報システム用語事典:スコープクリープ(すこーぷくりーぷ)

scope creep

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 プロジェクトマネジメント用語の1つで、プロジェクトが進行するにつれてスコープが(管理されずに)少しずつ肥大化すること。

 プロジェクトは一般にその期間中、状況の変化・予期せぬ出来事が発生することにより、常にスコープが変更する。スコープの変更はプロジェクトのさまざまな面に影響するため、適切にマネジメントする必要があるが、プロジェクト現場では「少しぐらいなら」と報告・承認を経ずにスコープを変更することがある。これが繰り返されるとベースラインと現実のスコープが乖離して、プロジェクトマネージャが現状を把握できなくなり、適切なマネジメントが不可能となる。これがスコープクリープである。

 スコープクリープはプロジェクトの失敗、デスマーチ化につながるため、プロジェクトにおける要求変更・追加作業はすべて集約して、スケジュールやコスト、資源などへの影響を検討し、プロジェクトオーナーやプロジェクトマネージャの承認を得て、ベースラインへ反映してから、実施しなければならない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ