ニュース
» 2008年04月04日 00時00分 UPDATE

低価格PC向けに2010年まで:またまた延びるWindows XPの寿命

[垣内郁栄,@IT]

 米マイクロソフトは4月3日(米国時間)、クライアントOS「Windows XP Home Edition」のOEM提供をEeePCなどの低価格PC向けに、2010年6月30日、またはWindowsの次期OSの一般発売から1年後まで延長すると発表した。Windows XP Home Editionの提供期間は、一度延長し2008年6月30日までとしていたので、今回の延長でさらに2年延びることになる。

 提供期間を延長するのは、低価格PC(ultra low-cost personal computers:ULCPCs)向けに提供するOEM版のWindows XP Home Edition。EeePCに代表されるULCPCsはストレージ容量が小さかったり、メモリ搭載が少ないなどパフォーマンスに制限があり、Windows XPが選ばれることが多い。低価格を維持するために比較的高価なWindows Vistaを標準で搭載することが難しい面もある。

 マイクロソフトのWindowsクライアント製品担当のゼネラルマネジャー マイケル・ディックス(Michael Dix)氏は、「ULCPCsのユーザーはWindowsを使って、Webブラウズや電子メール、基本的な作業を行いたいと思っている」と説明。「Windows Vistaは使いやすさやセキュリティなどの多くのベネフィットを提供するが、パフォーマンスやコストから見るとWindows XP HomeはULCPCsに対して有効な解決策になる」としている。

 Windows XPのサポート期間にも変更はなく、メインストリームサポートは2009年4月、延長サポートは2014年4月までの予定という。ディックス氏は、ULCPCs向け以外のWindows XPの提供期間の延長は行わないと説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ