ニュース
» 2008年07月17日 00時00分 UPDATE

250の業務アプリケーションを移行:セブン-イレブン、5000台の社内PCをWindows Vistaに

[垣内郁栄,@IT]

 セブン-イレブン・ジャパンと野村総合研究所(NRI)、マイクロソフトの3社は7月16日、セブン-イレブン・ジャパンが社内の約5000台のPCに対して「Windows Vista Enterprise」と「Microsoft Office Professional Plus 2007」を導入すると発表した。7月から順次導入するという。

 NRIが2008年1月から6カ月をかけて導入検証を行い、現行システム環境の改良や、約250の業務アプリケーションの移行を行った。

 セブン-イレブン・ジャパンが評価したのはWindows Vistaのセキュリティ機能。Vista標準のセキュリティ機能に加えて、ハードディスクドライブを暗号化する「BitLocker」が利用できることや、Windows Server 2008と連携し、ターミナルサービスやネットワーク検疫機能が利用できる点を評価ポイントに挙げている。

 Office 2007については「高い生産性を維持しつつ、閲覧権の設定などの適切な情報管理を可能とする文書管理、文書共有システムの構築ができることを評価」(3社の発表資料)した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -