ニュース
» 2008年08月21日 00時00分 UPDATE

マイナーアップグレードで2010年リリース予定:Windows 7サーバ版は「Windows Server 2008 R2」に

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 米マイクロソフトの次期OS「Windows 7」のサーバ版は、Windows Server 2008のマイナーアップグレードになる。同社が8月18日、サーバ部門公式ブログで明らかにした。

 Windows 7のサーバ版の名称は「Windows Server 2008 R2」となり、ロードマップでは2010年にリリースが予定されている。Windows Server 2008は今年2月にリリースされた。

 クライアント版のWindows 7は、メジャーリリースになると同社は述べている。クライアント版も2010年のリリース予定となっている。同社はクライアント版、サーバ版いずれについても、旧版のWindows Vista、Windows Server 2008との互換性を設計上の目標にするとしている。

windows01.jpg マイクロソフトが明らかにしたロードマップ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -