ニュース
» 2008年09月23日 00時00分 UPDATE

データベース、ミドルウェア用のAMIを無償提供:オラクルがクラウド参入 Amazon EC2、S3対応へ

[垣内郁栄,@IT]

 米オラクルは9月22日(米国時間)、オラクルの「Oracle Database 11g」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Enterprise Manager」をアマゾンのクラウド環境「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)上で動かすことができるAmazon Machine Image(AMI)を提供開始すると発表した。

 米オラクルの社長 チャールズ・フィリップス(Charles Phillips)氏と製品開発担当 エグゼクティブ・バイスプレジデント チャック・ロズワット(Chuck Rozwat)氏が開催中のイベント「Oracle OpenWorld San Francisco 2008」で明らかにした。両氏による基調講演では「Oracle Database 11g for Cloud Computing」という名称で発表された。

oracle_cloud01.jpg 米オラクルの社長 チャールズ・フィリップス氏
oracle_cloud02.jpg 米オラクルの製品開発担当 エグゼクティブ・バイスプレジデント チャック・ロズワット氏

 発表リリースによると、エンドユーザーはすでに所有しているオラクル製品のライセンスをAmazon EC2上で使うことができるようになる。ロズワット氏は「Oracle Fusion Middlewareがアマゾンのクラウド上で展開できる」と話し、プラットフォームを迅速、効率的に展開できることを強調した。AMIはOracle Enterprise Linux、Oracle Database 11g、Oracle Fusion Middlewareで構成する。AMI自体は無償。

 アマゾンのクラウド上に構築したプラットフォームに対しては、オラクルの開発ツールを使ってアプリケーションを構築する。対応する開発ツールはOracle Application Express、Oracle JDeveloper、Oracle Enterprise Pack for Eclipse、Oracle Workshop for WebLogicとなっている。

 オラクルは、同時にストレージサービス「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)をデータベースのバックアップ先として利用できる「Oracle Secure Backup Cloud Module」も発表した。自社でストレージを用意せずに、無制限のストレージ容量が従量課金で使えるようになる。「Oracle Recovery Manager」とOracle Enterprise Managerから透過的に使うことが可能。Amazon S3には暗号化されたバックアップデータが保存される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -