キーワード
» 2008年12月01日 00時00分 公開

情報システム用語事典:PEST分析(ぺすとぶんせき)

PEST analysis / ペスト分析

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 企業を取り巻くマクロ環境のうち、現在ないし将来の事業活動に影響を及ぼす可能性のある要素を把握するため、PESTフレームワークを使って外部環境を洗い出し、その影響度や変化を分析する手法のこと。経営戦略策定や事業計画立案、市場調査におけるマクロ環境分析の基本ツールとして知られている。

 PESTとは、政治的(P=political)、経済的(E=economic)、社会的(S=social※)、技術的(T=technological)の頭文字を取った造語で、マクロ環境を網羅的に見ていくためのフレームワークである。PEST分析では、この4つの視点で外部環境に潜む、自社にプラスないしマイナスのインパクトを与え得る要因を整理し、その影響度を評価していく。

PESTの要因の例
Political
政治的環境要因
・法規制(規制強化・緩和)
・税制
・裁判制度、判例
・政治団体の傾向
Economic
経済的環境要因
・景気
・物価(インフレ・デフレ)
・成長率
・金利・為替・株価
Social※
社会的環境要因
・人口動態
・世論・流行
・教育水準
・治安・安全保障
・宗教・言語
・自然環境
Technological
技術的環境要因
・技術開発投資レベル
・新技術の普及度
・特許
※ 社会文化的(S=sociocultural)と説明されることもある。

 無数にある外部環境要因にはPESTのどれに属するか迷うものもあるが、PEST分析の目的は正確な分類ではなく、自社に影響を与える重要な要因を見落とさないことである。まずは考えられる要因を書き出し、PESTの枠組みに沿って抜け漏れがないかどうかをチェックし、次にどの要因の影響が大きいかを検討する。

 PEST分析が対象とするマクロの外部環境は、基本的には自社でコントロールできないものであり、いわば「世の中の流れ」「業界動向」である。これらのマクロ要因には自社にプラスの影響を与えるものと、マイナスの影響を与えるものがある。これは、SWOT分析の機会(O)と脅威(T)に該当する。そこでPEST分析で絞った要因をSWOT分析に移して、さらに対策を分析する方法もある。

 企業を取り巻く環境は日々変化するため、事業を継続的に行うにはその変動やトレンドを確実にとらえることが必須であり、PEST分析は都度実施すべきものである。また、海外に進出する場合は、現地の状況をPESTに沿って分析することでカントリーリスクを把握できる。

参考文献

▼『コトラーのマーケティングマネジメント〈ミレニアム版〉』 フィリップ・コトラー=著/恩藏直人=監修/月谷真紀=訳/ピアソン・エデュケーション/2001年11月(『Marketing Manegement』の邦訳)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -