ニュース
» 2009年02月27日 00時00分 UPDATE

PPCが「jCOM1」販売開始:ドイツ製BPMツール「jCOM1」登場、「サブジェクト指向」とは

[垣内郁栄,@IT]

 パワード プロセス コンサルティング(PPC)は2月27日、独jCOM1のビジネスプロセス管理製品「jCOM1」(ジェイコムワン)の国内販売を開始すると発表した。SAPジャパン、IDSシェアー出身のPPC 代表取締役社長 力正俊氏は「これまでのモデリングツールはシステムとの連携が完全ではなかった」と指摘した上で、jCOM1について「プロセスモデリング層と実行系層の連携を実現させる」と説明した。

ppc01.jpg パワード プロセス コンサルティングの代表取締役社長 力正俊氏

 市場にBPMツールはたくさんあるが、jCOM1は「既存システムをよみがえらせ、最小の投資で最大の効果を生み出す」(力氏)。その特徴は独jCOM1の創業者であるアルベルト・フライシュマン氏が研究、開発した「サブジェクト指向」という考えを基本に置いていることだ。サブジェクト指向とは「人、組織を基点にプロセスを描く手法」。「ユーザーの目線を基点に、誰がどういう処理をしているか、誰がどういうコミュニケーションをしているか、をモデリングする」(PPCのディレクター 山川公正氏)ことで、本当に使いやすいビジネスプロセスを設計できるという。

 jCOM1はプロセスモデリングツール「jPASS!」と、プロセスの検証ツール「jLIVE!」、実行ツールの「jFLOW!」で構成する。jPASS!はユーザーが業務モデルを直接構築できるツール。ワークフロー図を書くことでビジネスプロセスを開発する。3つのモデルテンプレートが用意されていて、「IT部門に負荷をかけずに業務に実装可能」(力氏)だ。

ppc02.jpg プロセスモデリングツール「jPASS!」の利用画面

 jLIVE!は、jPASS!で作成した業務モデルをワークフローに変換し、検証することができる。プログラミングを行う必要はなく、ワンクリックで変換できるという。また、jFLOW!は検証済みの業務モデルを実行するツールで、構築したワークフローを日々の業務に導入できる。ワークフローについてのステップやKPIなど、運用管理に必要なデータのレポートも可能だ。

 あるドイツの自動車メーカーは年間に1000回の業務プロセス、組織の変更があり、そのうちシステムの大きな改修が不要な変更が800回だった。この自動車メーカーはjCOM1を採用し、この800回の変更を現場で行えるようにした。これによって年間のITコストを20億円から5億円に減らすことができたという。

 jCOM1の最小構成(モデラー1人、ワークフロー人数が20人)でのライセンス費用は約930万円。PPCはjCOM1を組み込んだり、コンサルティングするERPベンダやITサービス企業のパートナーを10社を目標に集める考え。直接販売と合わせて初年度100社の導入を目指す。ERPを導入している大企業のほか、ワークフローの整備を考える中堅企業にも提案する。PPCにはアビームコンサルティングが75%出資するが、jCOM1事業での連携は現時点では、ないという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ