ニュース
» 2009年04月27日 00時00分 UPDATE

サーバ1000台規模の環境を構築:富士通クラウドが10月に本格始動

[垣内郁栄,@IT]

 富士通は4月27日、サーバやネットワーク、セキュリティ、運用管理を備えた大規模仮想化プラットフォーム「Trusted-Service Platform」を構築し、企業に対してリソースを提供するクラウドコンピューティングのサービスを10月から提供すると発表した。

 富士通は同社の館林システムセンター(群馬県)に新棟を建設中で、最終的にはクラウドサービス向けに1000台以上のサーバを用意する。そのほかのデータセンター、アウトソーシング施設とも連携し、「数十万台規模の仮想サーバ群を最適にコントロールする」としている。

fujitsu01.jpg サービスのイメージ

 提供するのはコンピュータやネットワークのリソースを提供する「システムプラットフォームサービス」。仮想化されたサーバのリソースのほかに、ストレージも提供。運用管理機能としてダッシュボードなども利用できるようにする。顧客は必要なときにだけ館林システムセンターにアクセスし、必要なリソースを使うことができる。アプリケーションプラットフォームを用意し、顧客独自のアプリケーションを利用できるようにもする。価格は月額17万5000円から。

 もう1つのサービスは「セキュリティサービス」で、クラウド内のIT運用環境と、顧客設備内のITシステムのセキュリティコンサルティングを行う。価格は月額25万円から。富士通はほかにクラウド環境で利用するITシステムと、既存の企業内のITシステムとの連携を図るシステムインテグレーションサービスや、SaaSによるアプリケーション提供も行う。

 富士通の経営執行役上席常務 石田一雄氏は「クラウド関連だけで3年で3000億円を稼ぎたい」と目標を示した。同社 取締役副社長 富田達夫氏は「富士通は過去を守るだけではなく、過去の技術力、DNAを足元に置いたままで新しい取り組みをしていく」と話した。

fujitsu02.jpg 富士通の 取締役副社長 富田達夫氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ