ニュース
» 2009年09月08日 00時00分 UPDATE

「JP1の廉価版ではなく、中堅・中小向けにゼロから開発」:日立、セキュリティ管理「JP1/Desktop Navigation」を発表

[内野宏信,@IT]

 日立製作所は9月8日、中堅・中小企業向け運用管理ソフトウェアの製品群「JP1 Ready Series」を発表した。その第1弾として、PCのセキュリティ運用を支援する「JP1/Desktop Navigation」を9月9日から発売する。専任のIT管理担当者がいない例が多い中堅・中小企業の事情に配慮し、導入の手軽さ、使い勝手の良さを追求したという。

写真 使いやすさ、分かりやすさを追求

 近年、中堅・中小企業でもIT活用が進む一方、コスト面での制約が厳しい、選任のIT管理担当者がいないといった理由から、IT機器の運用管理が大きな課題となっている。こうした状況を受けて、家電製品など、高いユーザビリティが求められる分野の製品デザイナーと、「JP1」の開発技術者が連携し、中堅・中小企業にとって真に使いやすいシステムを目指したという。

写真 日立製作所 ソフトウェア事業部 事業部長 坂上秀昭氏

 日立製作所 ソフトウェア事業部 事業部長 坂上秀昭氏は、「JP1/Desktop Navigationは、潜在顧客に対するニーズのヒアリング、ユーザー像のペルソナデザインを通じ、ユーザー企業の業務環境、行動を深く理解したうえでゼロから開発した製品。大手企業向けの運用管理製品 JP1の機能を切り出した“廉価版”ではなく、中堅・中小企業にとって真に使いやすく、役に立つ機能を追求した」と解説した。

 JP1/Desktop Navigationの特徴は大きく分けて2つ。1つは、管理対象となる各PCに事前にツールをインストールすることなく、管理サーバに同製品をインストールするだけで運用できること。一般に重要とされているセキュリティポリシーを標準装備しているため、セキュリティ対策の知識がなくても即、運用を始められるという。

 2つ目は全管理対象PCの状況をひと目で把握できるシンプルなダッシュボードを用意したこと。セキュリティやライセンスに問題のあるPCの有無・台数を視覚的に把握することができる。

写真 全管理対象PCの状況を即座に把握できるシンプルなダッシュボード。この画面からドリルダウンして、問題があるPCの所在、ユーザーなどを知ることもできる

 これにより、「例えばWindowsの自動更新を無効にしているユーザーを発見した場合、電話をして有効にするよう促すなど、即座に然るべき対策が打てるほか、エージェントをプッシュ配信することで、管理者のPCからリモートで管理対象PCを設定することもできる」(日立製作所 ソフトウェア事業部 システム管理ソフトウェア本部 第2JP1設計部 部長 大坂弘江氏)という。

 2010年中には、JP1 Ready Seriesの第2弾として、サーバの安定稼働を支援する製品も発表予定。坂上氏は「順次ラインナップを強化し、中堅・中小企業のIT活用を強力に支援していきたい」と述べた。JP1/Desktop Navigationの価格は42万円(税込み)から。電話によるサポートサービスもひと月当たり1万500円(税込み)で提供する。

 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -