ニュース
» 2010年10月18日 00時00分 UPDATE

スキャナと連動し、人力部分のリソースを大幅削減:PFU、帳票の印刷と認識を一体化した紙文書電子化ソフト

[大津心,@IT]

 PFUは10月18日、企業に多く残っている紙文書の電子化をサポートする紙文書電子化ソフトウェア「ScanConnect」の発売を開始した。同製品は、同社の紙文書電子化ソフトウェアサービス「PaperStream」の第一弾としてリリースされたもの。

 日本版SOX法の施行によって大きくニーズが高まった紙文書電子化市場。その後、リーマンショックが起きたことで、「業務効率化」や「コスト削減」を狙った紙文書電子化のニーズが高まっているという。PFUでは、業務用イメージスキャナの世界シェア1位の優位性を活用し、ECM(Enterprise Content Management)ソリューションに注力。国内でも数多くの導入実績を誇るという。

 紙文書の電子化運用では、紙の仕分け作業やキーワード入力、入力後の確認作業などに人による手間が介在しており、それがコストアップの要因となっていた。また、従来はこの手間をシステム化するために、業務システムとの連携のための作り込みが必要となっていた。

 新製品のScanConnectは、従来人が行っていた「紙の事前仕分け」や「帳票識別」「キーワード入力/確認」などの作業をシステム化するためのツール。高精度の帳票識別や、識別状態絞り込み機能を提供することで、これを実現した。

 帳票識別では、識別に影響をおよぼす「罫線やフォント」の状況を事前にOCRすることでチェック。「細すぎて読みとれない」「数字がはみ出している」、などOCRが認識ミスをしそうな部分をあらかじめチェック・修正できる。また、実際のOCR結果を分析し、OCR識別できなかった帳票だけをピックアップすることが可能に。PFU イメージビジネスグループ 販売推進部 担当課長 池田明浩氏は「この失敗帳票だけを絞り込める機能は大きい。これにより、確認者は失敗した帳票だけを確認すればよく、確認時間を大幅に削減できるようになるはずだ」とコメントした。

 ScanConnectは印字帳票のサポートが基本だが、同社の手書き帳票OCRソフトウェア「DynaEye EX」と連携することで、手書き帳票のサポートも可能になるという。

 池田氏は、「当社の新しいソリューションである『PaperStream』によって、紙帳票の“入れる・ためる・活用する”の三段活用が可能となる。ScanConnectはその第1弾だ。スキャナで紙文書を入れ、その後ScanConnectが電子化をサポートし、システムへデータ出力する。これにより紙文書の電子化をトータルにサポートできるようになるはずだ。また、クラウド対応として、名刺の電子化サービスをSalesforce CRMで保存できるサービスを開始する。今後、さらに対応サービスを増やしていく予定だ」と語り、今後の方向性を説明した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -