ニュース
» 2012年05月15日 21時00分 UPDATE

フィリップス、曲線が美しいAirPlay対応スピーカー「DS9800W」など3製品を発表

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、「Fidelio」シリーズの新製品として、「AirPlay」に対応したスピーカー「DS9800W」と「DS3880W」を発売する。クロックラジオ付きのiPodオーディオも。

[ITmedia]

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、iPod/iPhone/iPad向けドッキングスピーカー「Fidelio」シリーズの新製品として、AirPlayに対応した「DS9800W」と「DS3880W」など3機種を5月下旬より発売する。価格はすべてオープンプライス。

Photo 独特の丸みを帯びたデザインとなっている「DS9800W」

 DS9800Wは、前のめりになったようなスタイルがユニークな、曲線の美しいスピーカー。手彫りの木材を正確な曲面に仕上げ、振動による音への悪影響を極力排除しつつ、自然な音響特性による原音に忠実なサウンドを目指したという。クリアなサウンドをあらゆる方向に届けるため、本体上部にはツイーターを設置している。

 ワイヤレスで音楽が楽しめるAirPlay対応のほか、iPodなどの充電が行えるスタンドも付属。そのほかのプレーヤーも簡単に接続できる外部入力端子も備えた。専用の「Fidelioアプリ for iOS」をダウンロード(無料)してインターネットラジオやアラームなど、さまざまな機能を追加できる。

 本体サイズは265(直径)×410(高さ)ミリ(スピーカー1台あたり)で、総重量は約12キログラム(スピーカー2台)。価格はオープンで、市場想定価格は9万9800円前後だ。

ts_phi02.jpgts_phi04.jpgts_phi03.jpg 設置イメージ

ドーナツ型のユニークなスピーカー「DS3880W」

Photo 360度デザインの円形フォルム「DS3880W」

 独特の円形フォルムが特徴的なDS3880Wは、セントラル、バス、サウンド、パイプという4つのドライバーを搭載した全方位タイプのスピーカー。バッテリーを内蔵しているため、場所を選ばず音楽を楽しめる。バッテリー駆動時間はAirPlay使用時で約3時間。充電は付属スタンド経由で行う。

 USB接続によりiPod/iPhone/iPadの充電・音楽再生も可能だ。もちろん専用の「Fidelioアプリ for iOS」をダウンロード(無料)してインターネットラジオやアラームなどの機能を追加できる。

 本体サイズは198(幅)×215(高さ)×100(奥行き)ミリで、重量は約1.3キロ。

ts_phi07.jpgts_phi06.jpgts_phi08.jpg  設置イメージ

iPadにも対応するクロック・ラジオ機能付きドッキングスピーカー

ts_dc291.jpg 「DC291」

 またフィリップスでは、合わせてクロック・ラジオ機能付きのドッキングスピーカー「DC291」も発売する予定だ。AirPlayには対応していないが、iPod/iPhone/iPadをケースごと接続できるドックコネクターと外部入力を備えている。

 接続するとiPadなどの時計と自動的にシンクロするため、時刻設定は不要。平日と週末を分けて設定できるアラーム機能を搭載しており、iPadなどの楽曲またはラジオをアラームのサウンドに指定できる。スピーカーはステレオ仕様だ。

 本体はアルミニウム製で、サイズは263(幅)×114(高さ)×165(奥行き)ミリ。外部入力端子も備えた。価格はオープンプライス。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう