ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月20日 08時34分 UPDATE

Google.org、2財団と共同でインドに投資会社を設立

Googleの慈善部門が、ジョージ・ソロス氏の財団、eBay創業者の慈善会社と共同で、インドの中小企業支援を目的とした投資会社を設立する。

[ITmedia]

 慈善組織のSoros Economic Development Fund(SEDF)とOmidyar Network、米Googleの慈善部門Google.orgは2月19日、インドの中小企業を対象とした投資会社Small to Medium Enterprise Investment Companyの設立を発表した。インドにおける就業機会の創出や、より多くの人々による経済参加を支援することが目的だという。3社は新会社に計1700万ドルを出資する。

 インドでは、ファンドによる中小企業への出資は300万〜500万ドルが中心で、小規模融資との間を埋める資金調達手段が限られているのが現状。新会社はこの空白を埋めるため、50万〜350万ドル規模の投資を手掛ける予定。

 SEDFは、投資家ジョージ・ソロス氏が設立したチャリティー財団の一部。Omidyar Networkは、米eBayの創業者ピエール・オミディア氏が設立した慈善投資会社。

関連キーワード

Google | インド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.