ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年09月26日 08時03分 公開

「Microsoft 365」の教育向けと「F1」向け新プラン登場

Microsoftは企業向けイベント「Ignite」で、8月にリリースした「Microsoft 365」の新プラン「Education」と「F1」(旧K1)を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月25日(現地時間)、ビジネスリーダーおよびインフラ運用管理者向けイベント「Microsoft Ignite」をフロリダ州オーランドで開催し、「Microsoft 365」の新しいプラン「Education」と「F1」を発表した。

 Microsoft 365は、同社が7月に発表した「Office 365」と「Windows 10」をまとめて購入できる企業向けサービス。8月の提供開始段階では、大企業向けの「Enterprise」とSMB向けの「Business」の2プランのみだった。

 「Education」は、文字通り教育機関向けのMicrosoft 365。「Office 365 for Education」、「Windows 10」、「Enterprise Mobility + Security」、「教育版マインクラフト」がパッケージになっている。

 「F1」は、カスタマーサービスやサポート担当など、企業と顧客の接点となる「firstline」(最前線)で働く顧客が対象。旧「Enterprise K1」プランだ。「StaffHub」を含む「Office 365 F1」、「Windows 10」、「Enterprise Mobility + Security」で構成される。

 f1 1 「Office 365 F1」の料金は1人当たり月額440円
 f1 2 Microsoft 365 F1の構成内容

 Microsoftはまた、非営利団体向けプラン「Microsoft 365 for NonProfits」も提供すると語った(こちらについての詳細は不明)。

 同社はさらに、最前線で働く顧客向けにハードウェアのOEMパートナーであるHP、Lenovo、Acer、富士通による「Windows 10 S」端末を年内に提供開始することも発表した(別記事)。

 2018年1月には、Lenovo、HP、パナソニック、東芝、富士通が業務PC自動設定位ツール「Windows AutoPilot」をサポートすることも発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.