ニュース
» 2006年11月09日 17時53分 公開

「バーティカル検索」でコンビニ10社を横断検索

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、「バーティカル検索」を使ってコンビニエンスストアの商品を検索できるサービス「コンビニ商品検索」を11月8日に開始した。

[吉田有子,ITmedia]
「コンビニ商品検索」で、「おにぎり」を検索すると、各コンビニチェーンのおにぎりが表示される

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、同社の実験的なサービスを紹介する「gooラボ」にて、コンビニエンスストアの商品を検索できるサービス「コンビニ商品検索」を11月8日に開始した。利用は無料で、対応するブラウザはInternet Explorer 6.0以降、Firefox 1.5以降、Netscape 7.1以降、Safari 2.04。

 コンビニ商品検索では、特定のジャンルの情報を収集するために一部のWebサイトだけを検索対象にする技術「バーティカル検索」を利用。「gooラボ」ではこの技術を利用した「分野別専門検索」として、すでに「映画試写会情報検索」と「無料ゲーム検索」を提供しており、「今後もニーズの高いジャンルで『分野別専門検索』を増やしていきたい」(同社広報)としている。また、個人が検索対象となるWebサイトを選んで専門的な検索を作成できるサービスとしては、マイクロソフトの提供する「Live Search」の「検索マクロ」機能(11月8日の記事参照)がある。

 コンビニエンスストア各社のWebサイトでは、商品情報の表示形式がそれぞれ異なる。コンビニ商品検索では各Webサイトから商品名・価格・画像・商品説明文を抽出し、項目ごとに情報を一覧表示している。現在は、国内10社のコンビニエンスストアのWebサイトを検索の対象として情報を自動収集している。

 たとえば「おにぎり」と検索した場合、検索結果としてローソン、ポプラ、ミニストップ、スリーエフなどの各チェーンのおにぎりが種類ごとに写真付きで表示される。

 今後は検索対象となるWebサイトを追加し、地図と連動した店舗の位置情報を提供することも検討している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ